No Muzik No Life

Hiphop中心にブログ+楽曲紹介的な何か

CHICO CARLITO feat. CHOUJI, 唾奇 / 一陽来復 (Beats by Sweet William) (From Album : Carlito's Way)

不定期更新にしてからというもの、書くネタが無いわけじゃないけど、あんまり「ブログ書こう!」みたいな気にならんかったんですよね。やっぱ時間とっちゃうし、自分の中だけで完結させとこう(笑)みたいな気持ちがあったりとか。w

 

何ですけど、久々に書く気分になったので更新の流れとなりました。こんばんは。みなさまいかがお過ごしでしょうか。僕です。

 

最近はあんまりCDとかレコード買ってなくて、むしろ機材とかプラグイン(音楽ソフト的なやつ)をぼちぼち買い揃えてます。あとスピーカーもやっと導入しました。やったぜ。

 

 (この横の見えてないとこにMPC展開したりする)

 

スピーカーと鍵盤置いただけでめちゃくちゃスタジオっぽくなる。素晴らしい。

モチベーション上がりまくりですよ。マジで。普段曲聞くときもこれで聞いてるんすけど、このスピーカー素晴らしいです。解像度めっちゃ良いし、良い悪いがめっちゃわかる。学ぶことが本当に多すぎる...。

逆にこれだけ整えた分、良いもの作っていきたいなと思う次第でございます。

 

あと、この前の豪雨のおはなし。

自分は今香川に住んでるんすけど、実家愛媛で、その実家がちょい被害に遭いまして。

ニュースとかで出てる地域よりかは全然マシで、軽い方なんですけど、色々聞いてると結構ヤバいみたいです。この目で見たわけじゃないんで何ともいえないんですけどね....。とりあえず実家周辺は人的被害が無かったのが不幸中の幸いです。片付けとか住む場所とか色々大変っすけど、前に進んでいくしかない:P 

 

 .

 

そんな感じで、久々の更新は、初の試みで、過去記事のアップデート。

このブログ書き始めた時って、自分自身も曲を掘ってはいたけど、まだまだ全然掘りきれてない(今もだけど)時期だったんで、自分で書きつつも掘りつつ、それをまとめるため、みたいな感じで記事を書いてました。

それ故に、記事の内容がめーっちゃ薄かったりするのがあったりするんですよ。

昔の記事なんでほっとこかなとか思ったんですけど、せっかくなんで、アップデートできるものはした方がいいかなと思うので、アップデート。(前の記事は消してます)

 

今回紹介する(アップデートする)のはこの曲。

 

www.youtube.com

一陽来復 feat. CHOUJI, 唾奇

一陽来復 feat. CHOUJI, 唾奇

  • CHICO CARLITO
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

 

前に記事書いたのが去年の2月とかだったんで、それからもう1年半くらいになるんすね。

確か最初に知ったのは多分Disryさんが主催した"熱源"っていうイベントでCHICOさんと唾奇さんがゲストで来た時に知ったんですよね。多分その時はCHICOさんの名前だけ知ってて、唾奇さんの名前は知らなかったし、ましてやこのビート作ってるSweetWilliamさんとか全然知らなかったです。Nujabesとネタ同じやん、ってくらいで聞いてたと思います。そこまで深く聞いてなかった覚えがあります。

何でそんなに深く聞いてなかったのかわかんないですけど、今はこの曲めっちゃ聴いてます。この曲12inchで出てるんですけど、それももちろん買いましたし。

多分自分の知識量も増えたし、聴く耳も、聴き方も変わった、いい意味で成長したからなのかなぁと、思います。

 

 

多分今では知らない人はいないでしょうけど、アーティストについてのご紹介。

 

まず、この曲自体はCHICOさん名義の楽曲で、客演にCHOUJIさん、唾奇さんを招いてます。

f:id:hiphop_hal:20180721212741j:plain

CHICO CARLITOさん

f:id:hiphop_hal:20180721213028p:plain

CHOUJIさん

f:id:hiphop_hal:20180721213300p:plain

唾奇さん

(写真はPVから)

 

3人とも沖縄のMCで、この中でCHOUJIさんだけが上の世代になります。

この曲の制作背景には、昔のCHICOさんのこんな出来事があったとか。

 

CHICO CARLITO:俺らはまだ何もやってなかったんで、蚊帳の外だったんですけど、RITTOさんやCHOUJIさんのステージをスゲーなって思いながら見てました。沖縄のラッパーの先輩で最初に遊んでくれたのがCHOUJIさん。唾奇がMPCを買って、使い方をトラックメイカーをやっている先輩のスタジオで教えてもらっている時に偶然CHOUJIさんが遊びにきたんで、その時初めて自己紹介をしたんです。そしたらCHOUJIさんが、「それじゃあ、ワンメイクするか」ってなって。先輩がビートを作ってくれて、CHOUJIさんと唾奇と俺の3人で曲を作ることになったんです。けど、その時俺が重症の鼻炎で曲の仕上がりが聴けないくらい酷くなってしまって…。その時の悔しさがずっと残ってたんで、今回のアルバムでもう1度3人で『一陽来復』という曲を作ってリベンジさせてもらいました。

CHICOさんのインタビューから。

 

おそらくCHICOさんのバックグラウンドに関してはこのインタビューを見るのが一番良いと思います。他人の口から語るもんでもないですしね....

 

僕はこの曲のビートに関して書こうかなと思います。音は得意。

 

 

この曲のビートを担当したのは、昨年俺の中でのベスト盤とも名高い、

唾奇 × SweetWilliamで多分知ってる人が多い、Sweet Williamさん。

f:id:hiphop_hal:20180721214353j:plain

Jasmine

Jasmine

  • 唾奇 x Sweet William
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥1650

 

 

Jasmine - 唾奇 × Sweet William

 

自分はこの人をちゃんと認識したのがいつかはあんまり覚えてないんですけど、多分Let meを聴いたのが認識した最初の曲だったと思います。もちろん一陽来復も聴いてはいたんですけど、当時は全然認識してなかった...

 

Sweet Williamさんは、名古屋のビートメイカーで、Pitch Odd Mantionっていうレーベルというか、クルー的なものに所属されてます。

この人のビートの何が良いって、メロディとかのセンスは聴いてわかる通りのこと、ところどころに挟んでくるHiphop的なネタ使いがめっちゃ良いなって思うんですよ。

Let MeのMaspykeの声ネタとか、白内のNujabesのネタ、最近出たBlueのTalk to MeのMitsuさんと同ネタとか....

普段Hiphop聴いてる人だったら「おお!」って思うネタ使いで、なおかつそれがバッチリハマってるのがすごい良いなって思います。

 

んで、一陽来復のビートでは何がやばかったかっていうと、これもまた開幕聴いてすぐにわかるNujabesのネタ使い。

 

www.youtube.com

Perfect Circle

Perfect Circle

  • Nujabes
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

 

元ネタはBill Evans。神。

www.youtube.com

Martina

Martina

  • provided courtesy of iTunes

 

 

Bill Evansのこのリッチな感じっていうんすか、このピアノの弾き方というか質感というか、すごい好きなんですよ。聴いて一発でわかる感じの。

 

んで、最近気づいたのがもう1個のネタで、こっちは(も?)めっちゃ大ネタで、Hiphopの曲ではアホみたいにサンプリングされてるこの曲。 

www.youtube.com

Inside My Love

Inside My Love

  • Minnie Riperton
  • R&B/ソウル
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

多分Hiphop聴いてなくても自分より上の世代の方なら普通に聴いたことあるのではないでしょうか。Minnie Riperton。

 

自分は全部後聞きなんで、何かしらのきっかけで知ることになるんですけど、多分Inside My Loveを最初に知ったのはDillaが使ってたからだと思います。

www.youtube.com

www.youtube.com

 

Inside My Loveのよくサンプルされてる部分(一陽来復はもちろん、Dillaのやつとか他色々)、あのエレピの音はもちろんなんですけど、音としての真髄はエレピの裏のMinnie Ripertonの声だと思います。今でいうシンセパッドっぽい、あの柔らかくとも力強いあの声。あの音が素晴らしいんですよね。

一陽来復では、その部分はもちろん、他のめっちゃ良いとこ抜いて、それを曲の中に”音”として落とし込んでるところが本当にすごいなと思いました。別々の違うサンプルから抜いてきてるのに、結果として一つの音楽になってる。サンプリングの凄さを改めて感じる曲です。

 

それに沖縄の離れた世代それぞれの視点からのRapの乗せ方がこれまた気持ち良いんですよね。

リリックの取り方に関しては人それぞれだと思うので、感じたように聴くのが良いと思います◎

 

 

と、いうわけで、久しぶりの記事はこんな感じで。

前記事に比べたら少しはマシな内容じゃないかな...と。(笑)

沖縄は良いMCがたくさんいて、CHICOさんCHOUJIさん唾奇さんはもちろん、MAVELさんとか、北海道だけど今沖縄にいるHANGさんとか、同じく愛媛から沖縄に行ったDisryさんとか、他にも色々いらっしゃいますけど、どの方も良いRapされるんすよ。全員が全員聴けてるわけじゃなくて、聴けてる分だけですけど...(笑)

でもこういう風にある地域にプレイヤーがたくさん居てるっていうのはすごい良いな..って思います。遠い場所から刺激を受けてます。ヤーマンす ✌︎('ω'✌︎)

あと、多分ここ1年でSweet Williamさんの音はめちゃくちゃ聴いたと思います。香川、いや四国で一番聴いてると思う(笑) バッチバチハマるんすよ。マジで。

といいつつ2ndのArte Frascoまだ手に入れれてないんですよね。盤めっちゃ高騰してますし。。CDもVinylも。iTunesとかでは配信されたんですけど、なんか配信で聞くのが楽になったぶん、なんか軽くなっちゃうなあって思って聴いてないんですよね。是非ともいつか盤を手に入れたい所存です。

 

ではでは。