No Muzik No Life

Hiphop中心にブログ+楽曲紹介的な何か

Little Brother / Not Enough feat. Darien Brockington (From Album : The Minstrel Show)

 

2日遅れの更新です(笑)こんばんは。

 

今週末(先週末)はひっさびさにバイトが休みで、ひたすらビート作ったり、ミックス、マスタリングをしてました。

来年の1月7日にTE3YEくん周り主催のイベント、From Localをまたやることになったんですけど、それのCMを作ろう〜的な話になってて、そのCMのBGMのビートを作ってたりとかしてました。

またCMも近々upされるので、よかったらチェックして遊びに来てくれると嬉しいです◎ 自分もDJでお邪魔します!

 

それと自分の新しいDJのMixCD的なのを作成中でして。それの作業とかもしてました。

前作(左のバナーあたり)はどっちかっていうと、自分の聞いて来た変遷的なのを中心にMixしたんですけど、今回はなーんにも考えずに、ただ自分が聴きたいような、気持ち良い曲中心にMixしました。

近々公開予定ですので楽しみにお待ちください◎

 

そんな感じで有意義な週末を過ごしてたわけなんですけど、それでずーっと徹夜してるんで、いざ月曜に学校行くと眠い眠い。んでブログの更新も忘れる(笑)

多分これからも1日2日くらいずれたりすると思うんですけど、見てる人は適当にご覧いただければ(笑)

 

と、いうわけで今週は何について書こうかな〜って思ってるとこなんですけど、今週はこんなものを買いました。

 

f:id:hiphop_hal:20171114185713j:plain

 Okayplayerっていう、先週もD'Angeloで登場したThe RootsのQuestLove主催のレーベル的なやつのコンピレーションアルバムなんですけど、メルカリで1200円(送料込み)で売ってて、売上金があったので安かったし、購入して見ました。

結構昔にこのアルバムの1曲(Jean Grae)は聞いたこともあったし、参加してるアーティストも豪華なんで、ハズレはないだろうと。

 

大当たりでした。完全勝利。 開幕から首振りまくりでした。

んで、そこで改めて9th Wonderがやべえな〜ということで、9th Wonder関連で、結構前にアルバム買ったんですけど、そういえば書いてなかったということで、今日はそれを。

 

9th Wonderは前もNasのRemixを紹介した回で出て来たりしたと思うんですけど、今回はそんな9th Wonderのクルー、Little Brotherを紹介。

f:id:hiphop_hal:20171114190958j:plain

これはLittle Brotherの2ndのアルバムのジャケで、今回紹介する曲が入ってるアルバムですね。

Little Brotherは9thWonderの学校の友達らで組んだグループで9th Wonder(一番奥)と、MCのPhonte (真ん中)、Big Pooh(手前)の3人で活動してました。

2010年を最後に仲違いかなんかが理由で解散しちゃったんですけど、それはそれで置いといて、良いアルバムを作ってくれたな〜という感じです。

 

まずは紹介する曲載っけちゃいますね。

www.youtube.com

Little Brother / Not Enough feat. Darien Brockington

(あれiTunesで視聴できなくなってる...w)

 

リリックがよくわからない日本人の自分からすると、やっぱサウンド的な部分でしか聞けないとこはあるんですけど、とりあえずこのアルバム通して思ったのは、

9thの浮遊感のあるビート x Big PoohとPhonteのSmoothなRap

の噛み合わせがすごい良いなと思いました。特に好みはBig Pooh。あのラッパー感がすごい好きなんですよ。Mos Defみたいなあの感じ。

ちなみにBig Poohはクレジットでは”Rapper Big Pooh”になってます。

 

 

9thWonderのビートはなんというんですかね、音が詰まってるというよりかは音がすごい抜けてるんですよ。ある種それが9thさらしさをすごい出してるなと個人的には思ってて。

んでドラムだけ若干浮いて聴こえるじゃないですか。あれのMPCで作りました!感というか。曲じゃなくてやべえビート作ったぜ感。シンプルなワンループ。

だけどそのワンループを曲に仕上げてるのがBig PoohとPhonteのRapで、Smoothな感じだけど、9thのビートで突き刺す感じというか、Boombap独特のかっこよさが感じられてすごい好きなんですよ。

あと9thWonderのドラムのグルーヴも個人的には好みで、荒っぽいんですけど、なんだかんだで音楽的なグルーヴというよりかはHiphopの荒々しいグルーブって感じがするんですよね。

 

自分は90sのHiphopも好きなんですけど、90後半、2000年に入ってからの洗練された感じのHiphopが割と1番好きで、9thWonderもそうなんですけど、プリモもこの頃から洗練されてイケてる曲が増えたなって感じるんですよね。それはPete Rockも同じで。

プリモの場合はGangstarrのHard to Earn(Gangstarrの4th)→The Ownerz(ラストアルバム)の流れで聞くと洗練された感じがよくわかると思います。ちなみに自分はHard to Earn以前のアルバムはサウンド的に好きじゃないので聞いてないです。今聞くと良いかもしれないですけど。(笑)

 

これ自分の聞き方の問題もめちゃくちゃあるんですけど、2000年に入ってからHiphopだけというよりかは、Hiphopに音楽的な部分が足されていった部分が多い気がするんですよ。

サンプリングだけじゃなくて実際にドラムを叩いたりとか、シンセを引いたりだとか。

多分技術的な進化とかもあっての話だと思うんですけど、その変遷が今のシーンに繋がってるんかな〜とかは思ったりしますね。

 

そういったムーブメントから2000年代のHiphopの一部になったLittle Brotherですけど、前に俺があんまり聞き込んでなかった頃に1回紹介してるんですよね。めっちゃ軽くですけど。

 

hiphop-hal.hatenadiary.jp

1年前の記事っすね。うわー懐かし。なんも知らない感すげえ出てるっすね。(笑)

日本は仙台のビートメイカー、DJのMitsu The Beats氏の1stにLittle Brotherが参加してるんですよね。この時も

最近このアルバムも聴き直したんですけど、日本でここまでイケてる人がいるってのが嬉しいし、負けてられないなと(笑)

 

そんな感じで今週はこんな感じで〜

ではでは