No Muzik No Life

Hiphop中心にブログ+楽曲紹介的な何か

唾奇 x Sweet William / Let me 他 (From Album : Jasmine)

こんばんはー。

今週は夏休みが終わり、学校が始まりまして、なかなか開幕から忙しい毎日を過ごしてる次第でございます。

時間配分とかその辺大事やな〜とか思いながら1日過ごしております。

 

さて、今週は色々注文してたモノが届きました。

 

夏休み中に注文してたもんが寮に届いてたわけなんですけど、先週紹介したAru-2さんのアルバム、今週待ち望んでましたPUNPEE氏のアルバム、STUDIO韻シストの2LP、そして今回紹介する唾奇xSweetWilliamのアルバムです。

 

Aru-2さんも良いビートがあってめっちゃよかったですし、P氏のアルバムも、いろんな方向に飛んでたり、それでも原点に戻るような曲もあったりで、楽しかったです。

韻シストはCDですでに聞いてたんですけど、やっぱレコードってええな〜って思いました。レコードっていやでも聴く体制になるじゃないですか。準備するし。

んで準備さえしてしまえば針落とせば流れるし。音も味があるし。よかったです。(語彙力のNASA

 

んで今回はそれの感想的なものも交えて、以前も一応記事は書きましたが、あれから日も経ってますし、あと自分も当時は唾奇さんもSWさんもあんまり知らない感じだったので、改めて唾奇xSW氏のご紹介を。

 

f:id:hiphop_hal:20171006022600j:plain

唾奇さんは沖縄出身のMC(手前)で、Sweet Williamさん(後ろ)は名古屋のビートメイカーです。

 

以前Disryさんが松山に呼んでくれた時に自分は唾奇さんを初めて聴いたんですけど、その時はあんまり知らない状態で、とりあえず”良いRapするな〜”ってのは思ってました。

それからもうすぐ1年(早い)な訳で、自分も色々な曲を聴きあさってきたのもあって、今回の2人のジョイントアルバムは、当時聴いた視点とはまた違う視点で聴くことができました。

 

では、まずは紹介する曲を。

 

Let me

Let me

  • 唾奇 x Sweet William
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥250

元々はこの曲はSweet Williamさんのミックスに入ってた曲なんですけど、それがリメイクされてアルバムに収録された形になります。

Sweet Williamさん(以下SWさん)のビートは音数が少ない訳じゃないんですけど、必要な音しか無い、という感じというか、きちんと整理されてる部屋みたいなビートなんですよね。煙たい感じは無いんですけど、クリアでありながらHiphopというか。

一概にJazzyHIPHOP的な感じでまとめる訳じゃ無いんですけど、そのフレイバーもあるんですけど、2000年代以降の打ち込みのドラムのBoombap感もあって、音で一発でSWさんってわかります。

SWさんはビート作る時、もちろんサンプリングもするんですけど、自分で弾くこともHiphopのビートメイカーでは珍しく多いです。今回の作品でも、サンプリングというよりかは弾いてる部分が多くあった気がします。

 

そしてこればっかりはアルバム聴いてほしいんですけど、アルバム通して、ドラムの良い乗せ方をわかってるなっていう印象を受けました。意図的にずらしてるというか。

このLet meは純粋なBoombapに聴こえるんですけど、実際はいろんなテクニックがいっぱい詰まってるなっていうのも感じました。

そういう観点で見れば、特にやばいな...と思ったのがこれ。

Frenchness

Frenchness

  • 唾奇 x Sweet William
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥250

アルバムのinterlude的な曲なんですけど、抽象的なドラムの感じとか、このままビートが続く、、と思いきや止まるノリのあるドラムとかがなかなかやばいな...と思って聴いてました。

そして何よりこのアルバムはビートの作りからレコーディング、マスタリングまで全部SWさんがやってるっていうのが「マジでか...!」ってなりました。

Nujabesもマスタリングとかは自分でやってアルバムは出してるんですけど、あまり良く無い感じのマスタリングだったんですけど、このアルバムはマスタリング含めて最高でした。

んで全部聴き終わったあとになんか色々すごくて、今年アホみたいに曲聴いてきたんですけど、その中でもベスト3には入るアルバムでしたね。クソよかったです。

 

そしてそれはSWさんのビートだけでなく、唾奇さんのRapももちろん含まれてます。

 

唾奇さんのLyricはSWさんの綺麗なビートと唾奇さんのフロウに紛れてる部分もちょいちょいありますが、自分が聴いてきた日本のRapで、一番Dirtyで、これこそParental Advisoryつけるべきだと思いました。w

www.youtube.com

South side ghetto

South side ghetto

  • 唾奇 x Sweet William
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥250

 これもアルバムからの1曲なんですけど、特にえげつないと思います。ビートのDirtyさも合間って、正直聴いた唾奇さんの作品の中で一番怖いです。まじで。

SWさんのビートでその辺があまり感じられないですけど、他のビートメイカーとやって、マジなDirtyな曲作ったら一番えぐいことになると思います。俺個人的にはDITCとかBootcampのメンツでビートジャック※してほしいなとか思ったりしてます。w

あのへんのビートのなんていうんでしょう。怖い感じなんだけどちゃんとかっけえ感じ。

※ビートジャック・・・既存の曲のインスト使ってRapする Joey Bada$$がやった1999はビートジャック多めのアルバムでした。 

 

自分あんまりこのブログでは紹介するくらいで、これ聞かないと、、的なことって書かないんですけど(昔の記事で書いてたらさーせん)

正直この アルバムは絶対聴いた方が良いです。口には表せない(語彙力の問題もあるけど)んですけど、絶対何か感じると思います。アルバムのほぼラストでLet meが来るんですけど、自分がもともと聴いてた曲がリメイクされてた状態で唾奇さんの新しいRapが乗ってるわけですよ。アルバムで冒頭から初登場の曲が多い中、それを聴き切ってからの元々自分が聴いてた曲ですよ。フロウも当時とはまた違うし、そういった面での成長も感じられてすごい良かったんですよね。

アルバムっていろんな聞き方があるんで、自分はこういう聴き方でしたけど、いろんな視点から聴ける作品になってるので、是非聴いてください。ちなみに誰かに宣伝して的なことは一切言われて無いです。(笑) 純粋にやばいと思いました。

 

f:id:hiphop_hal:20171006030414j:plain

Jasmine

Jasmine

  • 唾奇 x Sweet William
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥1650

 

 

これとかは自分好きで定期的に見てます。

 

www.youtube.com

ではでは。