No Muzik No Life

Hiphop中心にブログ+楽曲紹介的な何か

韻シスト / W (From Album : Another Day) / Heree We Go (From EP : Heree We Go)

 こんばんは〜。

珍しく割と定時(なんだそれ)に更新です。

今週は韻シストのLive行ってました。

 

f:id:hiphop_hal:20170910191913j:plain

 

自分は今夏休みなんで、実家の愛媛に帰ってるんですけど、オカンが韻シスト好きなんで、オカンと愛媛の方のツアーに遊びに行ってきました。

オカン珍しくHiphopふっつーに聴くんですよ。

前に高松にWARAJIのJamboさんとチプルソさん、Kazbubbleさんきた時があったんですけど、そん時も愛媛から運転して向かってたっすからね(笑)。息子ながらこの人やるなぁって感じです。

 

そんなオカンの影響もあって自分はWARAJIとかの日本語聴くようになった節があるんですけど、韻シストも割とその影響もあったり、あと最近だとSTUDIO韻シスト

 

個人的に神回の鎮さん&チプルソさん回

 

前から韻シストは名前だけ知ってて、やけどよっしゃ聴こう!とまではいかんかったんですけど、これきっかけで割と知り始めたっすね。

 

韻シスト知らん人は絶対STUDIO韻シストは見た方が良いっすよ。ヤバさ分かるんで。

MCはもちろんなんすけど、HiphopのClassicを生演奏するのがやばいっすよ。

 

そんな韻シストなんですけど、知らないこの映像見て「あれ?」と思った人もおるかもしれないです。

そう、Hiphopでは珍しく”バンド”なんですよ。生。

Hiphopのバンドっていうとやっぱ自分はThe Rootsですけど、やっぱ珍しいですよね。

 

Hiphopの最初ってやっぱレコードからじゃないですか。2枚づかいしてドラムをループさせて、それの延長でレコードからサンプリングしてビートを作ってRap乗っけてみたいな。

 

今は誰でも楽器が手に入る時代ですし、DTMが主流にもなりつつあるんで、サンプリングよりかは自分で弾く方がHiphopでも多くなったと思います。

でも生でやってる人ってのはやっぱ少ないっすよねー。

 

その”生”のサウンドってのはもちろん演奏できる人がいて成立するもんなんですけど、現行韻シストのメンバーを知らない人向けにご紹介。

 

f:id:hiphop_hal:20170910194528j:plain

写真は最新作の裏のジャケからの1枚

 

韻シストはメンバーがちょいちょい移り変わってはいますが、現行のメンバーは、

上左から、

・Shyoudog (Bass)

・TAKU (Guitar)

・TAROW-ONE (Drum)

そして下左からMCの

・サッコン

・BASI

(敬称略)

というメンバー構成になってます。

詳しいBiography等は公式からどうぞ。

Biography | 韻シスト

 

 

でも何がすごいって、韻シストって俺生まれる前からやってて、なおかつ今現役ですからね。自分99年生まれなんですけど、韻シストは98年。

んで、上のBiographyだったりインタビューの記事とか見てると歴史が垣間見れて良いな〜って思います。

 

誰もやってないことやりたい。めっちゃHiphopじゃないっすか。

そんなアーティストにこのタイミングで出会えたんはよかったな〜と思いましたね。韻シストのリリックの内容とかも、めちゃくちゃ刺さるわ〜〜みたいな。

 

んでサウンド的にも今まで聴いてきたMPCとかで作られたサンプリングビートじゃないわけですよ。かといってRootsみたいか(いうてGame Theoryしか聴いてないすけど)っていうと全然オリジナルなんすよね。あ、これって結局韻シストサウンド、みたいな。聴いて一発で「あ、これあの人の曲ちゃうんかな」みたいに、自分のサウンド確立できてるのってやっぱすごいと思います。継続って大事やなぁって感じです。

 

では、今週はそんな韻シストのNew Album、Another Dayからの1曲です。

 

W

W

 韻シスト / W

 

アルバムを一通り聴いて見て、やっぱリリックとかが刺さるのはピースマインドなんですけど、サウンド的に良いなと思ったこちらをチョイス。

 

Hiphopの曲を聴いてる人ならなんか聴いたことあるメロディー感だな、っていうのは思ったかもしれないです。

韻シストのサウンドの特徴、というかバンドの特徴かもしれないですね。「コード感」ってのがすごい感じるんですよ。

コードっていうのはまあ曲の雰囲気作るもんなんですけど、ドミソって同時に鳴らすとなんか明るく聞こえるじゃないですか。そんな感じで曲の雰囲気を作って行くんですけど、そのコード進行が前にも紹介した「Just Two Of Us進行」なんですよ。この曲。

(前はBiggieの回で触れました。自分も知識あんまないころなんで参考になるかはわかんないですけど。)

 

www.youtube.com

Just the Two of Us

Just the Two of Us

  • グローヴァー・ワシントン・Jr.
  • ジャズ
  • ¥250

この曲のコード進行を使ってます。

 

Biggieの記事でも書いたように、Isleyの曲や、

www.youtube.com

 

あと割と最近の曲で、自分が結構聴いてたSnail's Houseの曲とかでも使われてます。

個人的にはOriginalも好きですけど、HolderRemixも好きです。

 

こんな感じでベースにある感じは同じでも、曲によってすごい差があるんですよ。

 

んで、韻シストのWは、この有名なコード進行で、見事にHiphop的に、韻シスト的に、韻シストのサウンドや!って感じました。基本ワンループなのもおお...!って感じでした。Liveでもこの曲はやってくれたんで、めっちゃ良かったっすね〜◎

 

 

このアルバム通して、あとSTUDIO韻シストの企画でもアルバムを1枚出してるんですけど、韻シストこのタイミングで知った人は絶対聴いた方が良いです。マジで。

リリック含めて”今”の韻シストをめっちゃ感じれたっす。

 

実は自分STUDIO韻シストの企画で、動画がちょいちょい上がり始めてる段階だったかな?そのくらいの時期に、近所のゲオのレンタル落ちになったCDコーナー漁ってたんですよ。これが一番近所にあるDigginスペースなんですけど、ここで韻シストの3rdEP、「Heree We Go」をDigって聴いたのが初めての韻シストの曲やったんです。

 

www.youtube.com

韻シスト / Heree We Go

この時は韻シストがまだ今のメンバーちゃうんや!みたいな感じでアルバムのライナー見て思った覚えがあるんすよ。

楽曲聴いても、STUDIO韻シスト聴いてる感じよりめっちゃ若い!みたいな。

この曲リリースが2003年なんですけど、俺4歳っすよ(笑)

そんなこの曲をまあだいたい15年くらい後に聴いてるわけですけど、それでも良いな〜って思って聴いてたんですよ。

 

んでこれ聴いたのが初めてだったんで、STUDIO韻シストのアルバム聴いた時にやっぱ進化してるんやな〜みたいな。んで本家韻シストのAnother Day聴いてもあ〜ベース変わってないけど良いわ〜みたいな。

 

そんな感じなんで是非◎

 

STUDIO 韻シスト

STUDIO 韻シスト

Another Day

Another Day

 

ではでは。