読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

No Muzik No Life

HIPHOP 4EVER!!

Kanye West / Through The Wire

さて今週も更新してくっすよー。

今週は割と原点に戻るじゃないですけど、HIPHOPなアーティストをご紹介。

 

f:id:hiphop_hal:20161203202003j:plain

Kanye Westカニエ・ウェストです。

彼はシカゴ出身のアーティストで、自分でビートも作るしラップもするし、グラフティもする人です。

ビートはHIPHOPにおける真骨頂でもあるサンプリングが基本になってます。

一時期HIPHOPのサンプリングの版権問題とかも色々ある中でもサンプリングに拘った曲作りをしてますね。

そんな彼は5歳で詩を書き始め、歳を重ねてHIPHOPに出会ってからはRapもして、ちっちゃいスタジオでレコーディングもしてたとか。

15歳の時に、以前紹介したCommonのビートも作ってるNo I.D. がKanyeと会った時にビートメイクのやり方を教えてあげて初めてのサンプラーでのビートメイクを開始しました。

 

彼のビートの特徴はサンプリングなんですけど、声をモロに使うんですよね。

今回紹介したいのはこの曲ですね。

 

www.youtube.com

Through the Wire

Through the Wire

 この曲はKanyeが2002年に交通事故起こして口の中にワイヤーを入れなきゃいけないレベルの怪我を負いまして。その時に作った曲なんですよね。

よければこれはリリックとともに見ていただきたいですねー。

 

この曲でサビとか普通にRapしてるところでざっくり声が入ってると思うんですけど、元ネタがありまして。こちらですね。

 

www.youtube.com

 

Through the Fire

Through the Fire

 モロ使われてるし、タイトルまで見事にパロディ()ではないですけど、まったく違う感じにサンプルされてますね。

以前の東西抗争の記事でも触れたEminemプロデュースのRunnin'(Dying to Live)でも似た感じではないですけど、ピッチを上げて使われてますね。

HIPHOPのサンプルの仕方としてはよくある感じのサンプリングの仕方ですけど、こういうなんだろう。既存の曲を使って表現する感じがまさにHIPHOPですよね。

 

具体的なサンプルの仕方は以前プリモの記事でNas is Likeに触れた記事でも出てきましたSandruz氏がチョップの動画を上げてくれてるので載せておきます。

www.youtube.com

こういうのがすぐわかるってほんといい時代になったなぁ。。 Big up。

 

Kanye WestHIPHOPの歴史の中で是非知っておいてほしいアーティストの一人ですねー。

是非ともチェックっす。

そんな感じで今回はこの辺で〜。