読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

No Muzik No Life

HIPHOP 4EVER!!

Supersci / On Production (From : Pinetrees On The Pavement)

今週は1日遅れの更新です。

まずは一発目に告知から入りたいんですけど、

soundcloud.com

新作のRemixを昨日upしました。昨日はこれupしてから良いドラム組めたんでビート組んでて更新が遅れました()

以前このブログでもご紹介させていただいたJ Dilla x CommonのThe LightをRemixしました。メロウな感じは残しつつBoombapにRemixしましたっ。是非に。

 

さて、宣伝はこの辺にしといて、今週の楽曲紹介は、最近知った曲ではあるんですけど、ビートメイカー的には、そうじゃなくてもヤバい楽曲をご紹介。

f:id:hiphop_hal:20170522185522g:plain

www.youtube.com

On Production

On Production

  • Supersci
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥150

 

Supersciっていう、スウェーデンのクルーなんすけど、Jazzyな感じもありつつ、スクラッチも入ってキッチリ決めてるBoombapっすよね。

 

自分はSupersciをもともと知ってたわけじゃないんですけど、頂き物のCDの中に「最高のJazzyHIPHOP!」的なすごい胡散臭そうな惹かれる見出しが貼られてるCDがありまして。

なんとな〜くPCに取り込んで聴いてみますとこれが見出しに負けないくらい良かったんですよ〜。この"On Production"が入ってるSupersciの1stアルバム、Pinetrees On The Pavementっていうアルバムなんですけど、リリースとしては2006年で、割と最近。

JazzyHIPHOPといえば、Nujabesだったり、FunkyDLのようなChillな楽曲を想像する人も多いと思うんですけど、思いの外がっつりとしたBoombapを軸にしつつ、聴いてて気持ちい楽曲が多かったです。

 

そして、自分が聴いてて1番思ったのは、ビートメイカー的な視点もあると思うんですけど、楽曲が凄いシンプルってことなんですよね。

だいたいHIPHOPの曲の多くはこんな感じでできてます。

f:id:hiphop_hal:20170522193330p:plain

あくまでこれは”だいたいの基本”なんで、他エフェクトかかってたりとか、色々楽器が入ってたりとかもしますけど、Supersciの楽曲は本当にシンプル。

ザ・ヒップホップ!って感じのブンブンバッなドラムに、よく効いてる低音、そしてHIPHOPには欠かせないサンプリングの上ネタ(多分だけどメインループは自分らで弾いてるんじゃないかな... 弾いた後にチョップしてる感じ)、そして、その他に複合されるかもしれないんですけど、綺麗にキメるスクラッチ

やってることはごくごくシンプルなんですけど、それがカッコ良いんですよ。聴いてて気持ち良い。

 

私大好きプリモ先生の楽曲でもそうなんですけど、スクラッチが入ると曲が生えますよね。サビで歌ってる楽曲も良いんですけど、スクラッチが入ると曲が凄い絞まるというか、HIPHOP!って感じしますよね。しかもそのスクラッチが上手いですし(難しいことはやってない)

 

ちなみにOn Productionで擦ってるのはD.I.T.C.のShow&AGの楽曲ですね。

www.youtube.com

Showbiz & AG / Medicine

 

www.youtube.com

Showbiz & AG / Next Level

NextLevelの方はプリモがRemixしてるっすね。俺オリジナルの方が好きですけど..w

 

色々楽器が入って壮大になってる楽曲も良いし、こういうシンプルな曲も良いっすよねぇ〜

他にもSupersciのアルバムは良い曲あるんで自分もチェックしていきたいです

ではでは。

 

だーひー / 希う (Prod : XENO beats)

 

こんちゃ〜

今週はちゃんと日曜日までに更新。

今週は地元愛媛でSucreamgoodman(やばいダンサーのクルーです。HIPHOP。)のBUUBEEことよーへいさんのイベントがありまして、遊びに行ってきました。

バトルのイベントとショーケース、ライブのイベントだったんすけど、ライブがよかったすね〜。THREE DAMっていう2人組のライブが一番刺さったっすね〜。プレイヤーにすごい刺さる感じ。

機会があればこのブログでも紹介させて欲しいですね〜。

 

今週はこれ関連でもよかったんですけど、もう一つ前々から紹介したかったMCがいまして。

彼のMVもUpされましたので、そちらの方をご紹介。

 

f:id:hiphop_hal:20170513145019j:plain

 

www.youtube.com

だーひー / 希う (Prod : XENO beats)

Workaholicとかの記事とかでもちょいちょい触れてるだーひー君なんですけど、

だーひー君は宮崎のMCで、自分と同じ17歳です(記事更新時点)

 

最初は自分がこんな動画をTwitterに上げまして

 これにRTか何か経由してだーひー君がリプライくれまして、だーひー君のTwitterに本人の楽曲のURLが載ってあったので聴いたところ、「いや、やべえな」ってなった次第で。

極めて現代的な出会いなわけですけど、これはこれで○

 

そんなだーひー君の1stEPが2月ごろだったかな?自主制作で発売になりまして。

速攻で買って聞きましたけど、やっぱ彼の世界観って面白い。

僕からどうこういうのは何回も言ってるように野暮なので、ぜひ楽曲を聴いていただきたいわけなんですけど、その中でも聴いて欲しいのがEPのタイトルにもなってる「希う」ですね。

 

もうね、自分からするとかなり共感するというか、そう言った部分がすごいあるんですよね。

同じ年代ってのもあって、そういう部分があるのかもしれないです。

この楽曲はだーひー君の等身大を感じる楽曲なんですよね。

開幕のバースの、

-HIPHOPと呼ばれるためには、一体何が必要なのか

考えに考えたところで、答えなんてもんは見つからなかった...

この1発目のバースで「お?」って感じになるんすよ。

もう年齢を重ねてるMCの等身大の言葉も良いんですけど、こういう若いMCの等身大の言葉もすごい響く部分がありますよ。

 

ビートのチョイスもすごい合ってますし、今後どういう風になるのかすごく楽しみなMCの一人です。

ぜひ僕も一緒に曲とか作りたいですし、今後イベントやるとなったら絶対ライブ呼びたいですね。

 

twitter.com

だーひー君の今後の情報とかは本人のTwitterとかで知れるので、ぜひCheckして欲しいです。

だーひー君の1stEP、「希う」は本人に連絡するか、遠方の方はメルカリで「だーひー EP」で検索すれば本人が販売してるのでぜひ買ってみてはいかがでしょうかっ。

お値段は1コイン500円(税込)だそうですぜ。

 

ほなほな。

 

 

Funky DL / No Time For Looking Back (From:Cut From The illest Cloth EP、Jazzmatic)

こんばんは〜

今週は徳島の方に、自分としては初の試み、"アニソンダンスバトル”の方に参戦してきました。。!

自分は昔からちょいちょいアニメは見てたんですけど、何とな〜くニコニコで動画見てたら”あきばっか〜の”っていうイベントの動画があったんすよ。アニソンダンスバトルの。

それがなかなかに面白くて。技術的な部分で言えば普段行ってるバトルくらい何ですけど、動画で見てもわかるくらいノリがやばくて。。w

自分がよく行くダンスバトルとかは、ダンスが好きなやつが集まってる!って印象なんですけど、このバトルって”アニメ好き”、”アニソン好き”がとにかく集まってる印象がありまして。自分としてはすげえ面白かったんすよ。

四国でこういうのないかなぁと思ってたその数ヶ月後、何と徳島で開催されるということで初参戦。

結果は1回戦負けで、まあ全然踊れなかったか、っていうとそんなこと無いんですけど、なんか新感覚でしたよ。。w

ここまでダンスバトルと違う感じのベストバウトが見れたイベントも珍しかったです。!w

自分がバトルする時にかかった曲が自分としてはかなり思い入れの深い作品だったのでなんか良かったです。。w

あとなんか分からないんですけど、普通のバトル行くより収穫があった。。w

新境地に行くとこうなるんですかね〜?とりあえず得たものをええ感じにアウトプットしていきたいっすね〜。

 

さて、今週の楽曲紹介ですけど、なかなか長い間脳内再生されてるこの曲。

www.youtube.com

 

No Time for Looking Back

No Time for Looking Back

  • Funky DL
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥250

 

 Funky DLはUKはロンドンのMC、プロデューサーです。

曲聞いてもらえればわかるんすけど、Jazzyな楽曲を結構作られてる人っすね。

Nujabes好きな人とかは合わせて聞いておくと良いかも。

一緒に曲もやってるみたいですね。自分そこまでチェックして無いですが..w

前のMosDefのRemixとかもロンドンっすね。

日本のHIPHOPもアツいならそらUKもアツいっすよね〜。

 

んでこのFunky DLの楽曲何ですけど、ぶっちゃけこの曲知ったのはYouTubeの関連動画()っていう現代っ子にありがちなやつっすね。

それでも知れたんですごいありがたいんですけど、この曲を知ったっていうより、NasのOne Love(名曲です。Nasの1stアルバムに入ってます)のFunky DL Remixを知りまして。

www.youtube.com

開幕のピアノからもう最高な楽曲でして。当時NujabesとかのChill、Jazzyな楽曲にハマってた自分的には速攻手に入れたいと思ったわけですよ。

それで調べたら、Funky DLのBandcamp* を見つけまして。

そこ色々掘り下げて行ったらFunky DLのNasのRemixシリーズ、"Jazzmatic"がフリーDLでありまして。そこに収録されてた楽曲で。

んで速攻wavでDL。ファイル開いたらそこにNo Time For Looking BackがBonus Trackとして収録されてまして。

とりあえずJazzmaticを一通り聴いて、OneLoveのRemixももちろん良かったですし、他のもすげ〜ええ感じやったんですけど、色々脳内再生されるのはNo Time For Looking Backかなぁ。。みたいな。

Rapで何言ってるかはよく分からないですけど、Hookのスクラッチ

これはOneLoveのNasのRapのフレーズを擦ってるんですけど、Remixですけど上に貼ってあるOne LoveのRemixでも良いので一度聴いたらわかると思います。

-Fucking it Black, No Time For Looking Back, It's done...

拙訳するなら、「振り返ってる暇は無いぜ、終わったことだ」と言ったところですかね。

NasのRapのワードセンスはもちろんですけど、この部分を擦って曲を作るFunky DLのセンスもなかなか素晴らしいですよね。最高にHIPHOP

このスクラッチのサビがずっと脳内再生されてるんですよねー最近。

振り返ってる時間はねえ、終わったことだ、ってクッソHIPHOPじゃ無いっすか。

先のこととかこれからどうするか、ってこと考える方がポジティブですしね〜。

NasもFunkyDLも最高っす。

 

この楽曲はFunkyDLのBandCamp*からDLできるのでぜひ〜。

Jazzmatic [Nas Remixes] | Funky DL

Jazzmatic 2 [Nas Remixes] | Funky DL

(*BandCamp:個人でアップロードできるiTunesみたいなやつ。ビートメイカーとかアーティストとかはここで楽曲をDL販売してたりしてます。購入はPayPal(クレジットカード)経由で可能。)

 

そんな感じで今週はこの辺で〜。

ISSUGI / Navigator (Prod : Budamunk) 【from Album : The Very Best of 7INC TREE】Down North Camp、Dogearr周辺

 

かんっっぜんに更新忘れてました日曜深夜に更新でございます。

 

今週は久々に箱のイベント行ったのもあるんすけど、それよりぶち上がったのはこれ

 からのこれ

 

何回か前の記事でHIPHOPがどうのこうのいう記事(これ

で5Elementsの話をしたと思うんですけど、その5ElementsでRapしてるDown North Camp、DogearrRecordsのISSUGIさんのイカれてる最高の企画、7INC TREEていうのがありまして。

f:id:hiphop_hal:20170501000009j:plain

 

これはどういう企画か、というと、

「毎月ISSUGIさんがやりたいクリエイターと曲を作って、7inchレコードを作る」

という企画でございます。毎月っすよ毎月。

さすがに自分は1枚も手が出ませんでしたが、今回、この7INC TREEの企画で作った曲を集めたアルバム、"The Very Best of 7INC TREE" が出まして。これはCDで価格も学生的にはありがたいお値段。7inchも欲しかったんですけど、楽曲の中身がわからない状態で3000円も出すのは今はなかなかきびしゅうございますもんで。

 

んでこのアルバムを通して7INC TREEの楽曲を全部知れたわけなんですけど、いやーやばかったっすね!7inch買っとけばよかった(笑)

 

そんな私の感想は一旦置いといて、このブログ見てる人は「HIPHOPってなんやねーん」って人が多いとは思うので(見てる人がいるかどうかは置いとく)まずはISSUGIさんを中心に、Down North Camp、DogearrRecordsの面々についてご紹介。

自分もそこまで詳しくないので「入門編」程度で〜。あとは各々Digってくださいっ

 

まずはISSUGIさんって誰やねん!って話なんですけど、まあ曲聴け!っていうのが早い話ではありますが、このブログとしては珍しくこんな映像を。

 

www.youtube.com

KING OF KINGS (MC BATTLE) / ISSUGI vs T-Pablow

MCバトルのイベント何ですけど、そこにISSUGIさんと高校生ラップ選手権、フリースタイルダンジョンから入った方にはお馴染みT-Pablow氏。

MCバトル面白いっすよね。HIPHOPとは一線置いてるバトルもあればがっつりHIPHOPなバトルもありますけど、どちらにせよ良いっすよね〜。自分は好きです。

 

それでこのバトルはISSUGIさんって誰?って人には割とうってつけの映像なのかも。

このバトルはがっつりHIPHOPなバトルっすね。お互いのB-boyスタンスについてと言いますか。 このバトルだけでもISSUGIさんの生き様、スタンス、姿勢が見て取れるっすよ。

ISSUGIさんは2008かのUMBとかにも出場されてたはずですけどそれ以降は自分はバトルに出てたっていうのはあんまーり聞かないので、KING OF KINGSが久々のバトルだったのかも知れないですね。

 

Down North Campは自分もあんまり把握してないんですけど、ISSUGIさんだったり、

以前の5ElementsでRapしてたMONJUのメンツやBudamunk(Budaさん)、PSG(PUNPEE、5lack、Gapper)のメンツもそうなのかな?あの辺のクルー?です。

クルーというか何というか、個人的なイメージは日本のD.I.T.C.っすね。

んでDogearr RecordsはDown North Campの自主レーベル、と言ったところでしょうか。自分はそんな認識です。違ってるかも知れませんがだいたい合ってるでしょう(笑)

あ、ちなみにISSUGIさんも含めてだいたいが東京の人ですよ〜。

 

この辺は90sのHIPHOPとは違ってやはり”現在進行形” ですし、一概に語るのは難しいでしょうね〜。逆に今だからこそ直で見られるし、それが後々90sのレジェンドみたいに語り継がれていくんだろうな〜みたいな。 むしろ全部知ってる方がある意味怖いっすよね。(笑)本人らしか知らへんやろみたいな(笑)

 

とりあえずよくわからないときはMix聴きましょう。Mix良いですよ〜。知らないアーティストとかMixから知っていくってのは1個ありです。自分はMix聴いてこれやべえ!って行って色々Digって行った民っす。

 

soundcloud.com

Down North CampもMixを作ってくれてる方がいまして。入門編としては確実に良いっすよ〜。自分もこれ聴いて色々DNC周辺掘り進めてます(笑)

 

そんな現在進行形のISSUGIさん含むDown North Camp、DogearrRecordsの企画が7INC TREEっすね。

一応去年からやってはいて、生放送で配信とかもしてたんですけど、有料のチャンネルでしか見れなかったので、なかなか見れてる人も少なかったのでは。自分は見れてないです。

その7INC TREEは何個かYoutubeにダイジェストが上がってますよ〜。興味ある方はぜひ。

 

そんな中から自分の一押しはこちら。アルバムにも収録されてますっ

www.youtube.com

ISSUGI / Navigator (Prod : Budamunk)

こういう映像めっちゃテンション上がるんすよ。Mass AppealのRhythmRoulette*とかもそうですけど、他人のビートメイクとか見るのめっちゃ好きなんですよ。

ちなみにマイルーツの故The Notorious B.I.G.はプリモ先生とかPeteRockとかがビートメイクするの静か〜に見てたらしいですね。何時間も。

(*RhythmRoulette:BlackMoonの記事とか9th Wonderの記事の最後にはっつけて合ったやつっすね 海外の企画で、3枚のレコードを目隠しでDigってその場でビート組むっていう企画です)

 

んでこの映像でメイクするときの方を先に聞いてるので、アルバムでマスター聞いた時にBudaさんのグルーヴにさらに磨きがかかってるって言えば良いのかな。。とりあえず聞いてもらえればわかるんすけど。。。w 点と線が繋がったというか。

そこにISSUGIさんのRapっすよ。もうがっつりピースにハマってて。。

ISSUGIさんxBudaさんの組み合わせはめっちゃ好きっす。。

 

んでこの7INC TREE何ですけど、この記事の1番最初に触れた2つ目のツイート。

 去年までの7INC TREEと違って、誰でも見れる生配信になりまして、先週木曜日に初の生放送がされてたんすよ。

この日はMPCじゃなくて、Ableton Liveっていうまあ若干違うけどPC版のMPCだと思ってもらえれば。それでPC中心で、事前にツイッターでサンプリングの元ネタを募集して、その中から生でBudaさんとISSUGIさんでビートを作る、、、という生放送でした。

正直この面々の制作過程を生で見れる機会ってほとんどないのでめっちゃ勉強になったっす。。

特にBudaさんのドラムの打ち込みがやばかった。。!

 

この生放送は毎週木曜の21:00から、FRESH(AbemaTV)みたいなやつでやってるんでHIPHOP好きは絶対見た方が良いです。去年と違って無料。

 

いやー最高にテンションぶち上がってました。

 

モチベーションも上がるっすね〜やっぱ。

 

そんな感じで拙い記事ではありましたが、ISSUGIさん、Down North Camp、DogearrRecords関連の記事でございました。

 

間違いないHIPHOP、チェックしてください〜

 

ではでは。

Workaholic / Hexual Verocity feat. KIR, だーひー, ぶーちゃん, 閃rits & Ma-T + ちゃんとLOVE (Remix)

こんばんは〜

今週はもともとバトルのイベントが会ったんですけど、先週のイベントで膝痛めて(ハムストリングス?が異常きたしてたみたいです)参加を断念。

久々にゆっくりできる休日でした。

前日ビートを5時くらいまで組んで朝起きて今度はレコード触る。。午後から漫画読んで過ごす。。みたいな生活をしてまたビート組む。。みたいな日曜日でただいま更新しております。

 

さて今週ご紹介するのは以前も書いたこの方々。

f:id:hiphop_hal:20170423205408j:plain

Workaholic(Tanisuke&Flu9$)っす。

 

なぜこのタイミングで再び記事を書いたかと言いますとこのお二人、

1stAlbumリリースされました!

自分はFlu9$(Flux)さんから連絡いただいて、購入しまして。今週届きまして。

 

という訳で、アルバムレビューとまでは行かないですけど、この曲オススメ!っていうのをご紹介。

 

まずはこのアルバム収録、最後の7曲め収録の、宮崎のMCのマイクリレー曲!

Workaholic / Hexual Verocity feat. KIR, だーひー, ぶーちゃん, 閃rits & Ma-T

宮崎の方々が自分はちょい前からアツいなぁと思ってまして。

まず全体的にRapのレベルが高いっすよね〜。

自分は最初にFlu9$さんのラップ聴いて、「お、ええ感じのフロウしてはりますわ〜」って思いながら聴いてて、その次くらいにMOL53さんとかGADOROさんとか聴いて、この人らはMCBattleとかでも有名なので知ってる方は多いとは思いますけど、MOL53さんのRapもめっちゃ好きなんですよね。ビート選びもイケてるし。。

んで自分が特にええな〜って思うのがこの曲の2番目でRapしてるだーひー君。

自分今17で、だーひー君も同い年みたいなんですけど、なかなか自分の周りにはいない感じのRapしはるんですよね。自分は1度も聴いたことないタイプというか。

この曲だと遊戯王ネタで色々Rapしてるっすけど、彼の1stEPの「希う」の感じが自分はすごい好きです。彼のEPはメルカリとあと手売りで販売してる(はず)なので気になる方はぜひ〜。

藪雨 / だーひー - YouTube

Youtubeに上がってるデモはこれ。

ちなみにWorkaholicのビート組んでる方のTanisuke君も17で同い年なんすよね。近い年代でHIPHOPしてる奴らがいるとなんか嬉しくなるっすね〜。周りにあまり同年代のプレイヤーがいないので。。

 

んじゃ次。

soundcloud.com

Workaholic / ちゃんとLOVE (Remix)

この曲はFlu9$さんらしさというか、Flu9$さんしか書けないリリックって感じだし、Tanisuke君のビートにもがっつりハマっててアルバム通しても1、2を争うくらいで好きっすね。

ビート的にはシンプルなワンループで、サビでがっつりチョップしてる感じで。シンプルisベストっすよね。

Remix前のオリジナルがどんなビートだったか気になるところではありますが、これはRemixのVerががっつりハマる感じしますね〜。

あまり長く書くのも野暮かと思いますんでぜひアルバム通して聴いてみてくださいませ〜。

SoundCloudにも上がってます↓

soundcloud.com

アルバム購入の際はFlu9$さんまたはTanisuke君にメッセージ送って見てください〜。

SoundCloudには上がってない音源2曲入りで、ライナーもついてて、手作りのCD-Rアルバムはあるっすけど、めっちゃ完成度高くてビビりました。w

twitter.com

twitter.com

 

いや〜自分も負けられないっすね!

励みになります!

ではでは。

HIPHOP is REAL!!! ようはHIPHOPであること

こんちゃー。

色々日本しゅーへんの情勢が怪しいところでこの記事をDropです。

www.youtube.com

N.W.A. / Fuck The Police 

Fuck tha Police

Fuck tha Police

  • N.W.A.
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥250

 

NWA自体はまだ紹介してなかったのかな?

HIPHOPのサウンドの進化 - No Muzik No Life

ここで若干触れたくらいだったっけな?

 

まあ実際今日言いたいのはタイトル通り"HIPHOP is REAL"ってことなんですけど、

HIPHOPってそもそも何やねん!みたいな感じの記事です(後付け)

文章は汚い前提で見れる人は見てくださーい。

 

HIPHOP、歴史的にはホームパーティーから始まったカルチャーではあるんですど、年代がたつに連れて、そしてそれは現代にもリンクする部分はあるわけですけど、"表現の手段”という部分。

Dance、DJ、Graffiti、MC。いわゆるHIPHOPの4Elementsですが、

ぶっちゃけHIPHOPがこの4つの要素で構成されてるっていうのはHIPHOPかじってる人なら知ってる(Wikiにも書いてる)とは思うんですけど、

もう一つ要素はあると思うんですよね。それが"HIPHOPである"っていうことなんですよね。

これに関してはプレイヤーにしかわからない部分が多いとは思うのですが、そうじゃない人にも至極簡単にいうなら(これは自分の解釈の部分は大きいです)

"リアルであること"

って言えばいいんすかね。わかんないっすけど。実際はもっといろんな言い回しあるし、自分もこれが最適解とは思ってないんすよね。わかる人には"HIPHOPであること"って言えばわかってくれる気はしてるんすけど。

 

HIPHOPは4つの要素で構成されていて〜、みたいな教科書的なあれは正直クッソどうでも良いので、ようはHIPHOPであるというのはどういうことやねん!的なあれを少しでもわかっていただければなあと思います。

一番手っ取り早いのは、自分がプレイヤーになれば良いんですけど、これがわかれば

HIPHOPの曲聴くときに少しでも意味がわかるようになります

自分は一応プレイヤー側の人間なので、プレイヤー側がプレイヤー側の人の曲とか聴くとめっちゃ心にぶっ刺さるんすよね。そんな感覚。

 

ちなみに割と結論からいうと

HIPHOPである=HIPHOPを4つの要素のどれかをやってるではない!

HIPHOP知らなくてもHIPHOPってことはある

というのがHIPHOPっす(?)

何より大事なのは4つの要素以外の5つ目の要素。

 

自分がHIPHOPの中でもHIPHOPっすなぁっていう曲をちょいちょい上げていくのでその片鱗を掴んでいただければ、と思います。

何個が自分が影響受けた曲もあります(笑)。

 

”最初に貼ったNWA(昔のDr.Dreのクルー、Straight Outta Comptonっていう映画(元ネタはNWAの曲から)も作られてます)の”Fuck The Police”とかは、黒人の差別が酷い警察についての曲っすね。

これが実際にあったかどうかは僕自身は”自分の目で確かめてないので何とも言えない”というのは前提として、ですが、何というかHIPHOP何すよね。

ありのままをさらけ出すというか、これが一番わかりやすい"リアルであること”(直訳)かな?

現実をそのまま歌うというか、リアリティのあるRapというか。

以前紹介したCormegaとかも本人がリリシストな上にそのリアルさというか、そいつ自身の考えが読み取れるんですよね。

hiphop-hal.hatenadiary.jp

 

 とはいえこの辺は本場のHIPHOPなので、ぶっちゃけ歌詞も和訳されたものしか見てないのでどうにも言えない部分はありますが。。。w

ただ、和訳された歌詞を見てもHIPHOPを感じるし、Rhyme&Reasonみたいな映像もついてるとなおさら感じるっすね。

 

自分は生粋のジャパニーズなので、日本語だとよくわかる(大半の閲覧してる人はそうだと思う)。でも英語なんてわかんねーよ!みたいな人。ご安心ください。日本人もちゃんとHIPHOPしてます。

自分がここ最近HIPHOPやな〜って思って影響受けてるのはこれ。

www.youtube.com

Five Elements (feat. MONJU & OYG)

Five Elements (feat. MONJU & OYG)

  • BudaMunk
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥250

 タイトル通り”FiveElements"なわけなんすけど、DownNorthCampっていうクルー周辺の曲何すよね。

後半にRapしてるMONJUのメンツからは特に影響受けてます。会ったことないけど。

曲から感じるHIPHOPイズム。

服装とかRapの仕方、ビートも全部好みなんですけど、その5Elementsに惹かれる部分があります。

 

HIPHOPの一般的なイメージって

「Yo!チェケラ!」みたいな感じやと思うんですけど、ほんまのHIPHOPってそうじゃないし、場合によっちゃ一般的イメージの「Yo!チェケラ」の裏に隠されたストーリーってめっちゃHIPHOPなんすよね。

最近だと高校生ラップ選手権だったりフリースタイルダンジョンだったりでHIPHOPのRapがメディアにも出て来始めたわけですけど、別に韻をいかに踏めたかどうのこうのがHIPHOPではないし、バトルするのがHIPHOPなわけじゃないよなぁと自分は思うんすよねぇ〜。

 

選手権に出てる人もすごいなぁ〜とは思いますし、リスペクトももちろんあるんですけど、やっぱ響くRapする人って少ないなぁっていう印象があります(ああいう企画だからだろうけど)

 

結局Rapも音楽ですし、HIPHOPには根底として音楽があります。

音のフィルターと自分のフィルターを通しての自己表現。それがHIPHOPのエレメンツ的にはDanceだったりGraffitiだったりDJだったりそれこそRapだったり。

それぞれの表現があるわけですよね。

それでちゃんとHIPHOPなやつがやってる(=5Elementsを心得てる)ことって、やっぱ響くんですよね〜。仮に響かなくても、「こいつは別に良いとは思わんけどHIPHOPしてるなぁ〜」みたいな。

 

ここまでかくと、

HIPHOPである=HIPHOPを4つの要素のどれかをやってるではない!

HIPHOP知らなくてもHIPHOPってことはある

という意味が分かっていただけた方もいるかもしれませんが、もっと簡潔にいうと

<姿勢>

っす。そいつのHIPHOPのスタンス、B-Boyスタンス。

んで、”HIPHOP知らなくてもHIPHOPってことはある”っていうのは、別にHIPHOPであるためにHIPHOPの要素に入ってる必要はないんですよ。

例えばそいつにB-Boyスタンスがあれば、Danceしてなくてもタグ書いてなくても、レコードこすってなくても、Rhymeしてなくても良いわけですよ。

例えばそいつが漁師だったりしてもそれはHIPHOPなわけです。

 

と、いうのが僕のHIPHOP論っすかね!w

ようはHIPHOPであれば良いんすよ!(シンプルイズベスト) 

 

それではお聞きください。

Rhymesterで、B-Boyイズム

www.youtube.com

B-BOYイズム

B-BOYイズム

  • RHYMESTER
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥250

 

Joey Bada$$ / FromdaTomb$ (Prod:Chuck Strangers)

だーいぶ更新遅れましたさーせん!

今週はバトルイベントの方に遊びに行ってまして。

DJがBNLからFlipさんが来てはりまして。これは行くしかないと。

結果はベスト8でした。

まあ字面だけ見ると結果残してるじゃん!って感じでなんすけど、今回のバトルが年齢別に別れてまして。

自分は17なんで、中高生部門にエントリー。んで参加者が確か13人とかで、めっちゃ少ない。かと行ってレベルはクッソ高かったっすけど(笑)

大概知り合いなんですけど、そこで予選やってベスト8まで選出して、そっからトーナメントでバトルやる、みたいな。

自分はその1回戦でがっつり早い曲(FunkではないけどDiscoでもないなんか早い感じ、Houseではないけど四つ打ちみたいな女性ボーカルのやつ、ダンスジャンル?でいうとWacckみたいなやつ)かかって、相手がめっちゃぶちかましてて無事死亡。

やっぱ現場行って思うっすけど、練習(って行っても普段曲乗ってちょっと動くくらい)するより現場で感じる一発の方が大きいなーって思うんですよねー。

来週はちょっと大きめのバトルがあるので、そちらの方も結果残せなくてもいい感じに遊べればなーと思います。

 

さて、更新が遅れた本日の記事なんすけど、自分にしては珍しく最近の人。

自分はMixCDに入ってた1曲からあとあと調べて知った人なんですけど、この人。

f:id:hiphop_hal:20170410231029j:plain

Joey Bads$$です。

自分はほんま最近聴き始めたくらいなんで、あんまり深くは知らないんですけど、

何がやばいって、17歳の段階で、めっちゃやばいMixTape作ってるんすよ。

1999っていうタイトルなんですけど、このMixTapeから知られ始めたらしくて、そのラインナップ。

自分はビート中心で聴いてるのは過去記事とかTwitterからもわかるかもしれないんですけど、このMixtapeのビートメイカー陣っすよ。

有名どころだけでもJ Dillaを始め、Lord Finesse、MF DoomにStatik Selektah。

んでしかもこれFreeDLで出すっていうね。。

Joey Bada$$ Archives - Pro Era

DLはここからできます。(海外のMixtapeのサイトに登録しなきゃいけないみたいです)

一応アンオフィシャルでVinylも出てる見たいですね。

音質がどうかはきになるところですが、freeDLの方はアホみたいな海苔波形なんでレコードの方が良さそうっすね。

 

ビートはこれ直接プロデュースしてもらったんかどうなんですかね。14番目のProd:J Dillaの”Where It'$ At"はilla Jのやつが先やと思うんですけど、どうなんでしょう。。

誰か知ってる方教えてください(懇願)

 

んで、自分がMixCDに入ってて知った、っていう曲は3つ目。

www.youtube.com

Joey Bada$$ / FromdaTomb$

ProdのChuck Strangersって誰やねん。。俺知らんすけど、めっちゃ気持ちいビート作るじゃないっすか。

んでこのMix、大阪のDJのDYさんとQuestaさんのMixCD、”RADIO”に入ってた曲なんですよ。

確かDYさんサイドに入ってたかな。

www.rootdownrecords.jp

自分はこの時、HIPHOPをちょうど聴き始めたくらいで、まだDJもビートメイクもしてなくて踊ってた時です(笑)

最初聴いた時、「あ、Redmanでもこれなかったっけ?」みたいなことを思ってきいてましたw(最初のコーラスみたいなところ)Time 4 Sum Akisonっすね。

 

Joey Bada$$は最近アルバム出したみたいですね。

自分新譜追いかけることってほとんどしないので、(チェックするの日本の特定の人くらい)機会があれば聴いて見たいと思います。

ビートメイカーのhokutoさん(唾奇さんのCheep Sundayのビートメイカーって言えばわかるかな)は絶賛してたっすねー。

確かJoey Bada$$ってプリモともやってたはずなのでそちらの方もおいおいチェックしたいっすね。

 

新譜追いかけるのは苦手なんや。。後追いでゆっくり聴くのが性に合ってる。。w

まだ知らない昔の人も多いですし、自分は有名どころからゆっくり聴いていきますかね。

 

ではでは遅めになりましたがこの辺で。

Goodnight!