読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

No Muzik No Life

HIPHOP 4EVER!!

Mic Geronimo / Masta I.C. (Prod:Buckwild)

Buckwild Mic Geronimo HaL

こんちゃー。

今週末は以前このブログでもご紹介した、90年のHIPHOPを語る上では欠かせない人物、Pete Rockが大阪に来ます!!

f:id:hiphop_hal:20170318020750j:plain

去年は私大好きプリモ先生が来てましたが、私はプリモ来てるの知らなかったのと未成年なんで無理だったという。。

でも今回はデイイベントってことで未成年の私入場可能!ってことで今週末は大阪に生PeteRock&CLSmooth見に行って来ます!めっちゃ楽しみっす!

それだけでなくこのブログでは紹介してませんが茂千代さんにKID FRESINOさん、DJにQUESTAさんにENDRUNさん、んでダンサー陣にHEXBEXにサカナウマゴンに、、

間違いないパーティっす。近郊の方もそうじゃない方も絶対行っとくべきです!

自分は大阪行くついでにレコードDigして遊び尽くしたいと思います!

 

ということで今週はPeteRockを。。。と思いましたが、PeteRockはまた来週、イベントの感想も交えつつ紹介できたらなと思いますー。

 

今週は自分がRemixしたMic Geronimo、ビートは以前も紹介したBuckwildが手がけるこの楽曲をご紹介!

 

www.youtube.com

Masta I.C. (Street)

Masta I.C. (Street)

  • Mic Geronimo
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥150

 まず聴いてもらってガツンとくるこのローファイサウンド。この曲は94年リリースなんですけど、まさにこの時期のBuckwildのビートですよね。90年代はいわゆる"HIPHOP黄金期"と言われますが、世間一般のHIPHOPがどういう音かっていうのは良くわからないですけど、自分の中のHIPHOPはこういう音ですね(別にこういう音以外がHIPHOPじゃないという訳ではないです)。荒っぽい黒いドラムにめっちゃ黒いRapが乗ってるっていう。一言で表すなら"ドープ”っすよね。

 

そんな黒いRapをしてるMic GeronimoはNYのクイーンズの人ですね。NasやBuckwildと同じD.I.T.C.Big.L(R.I.P...)と同じです。

とはいえ自分Mic Geronimo自身はこの曲しか聴き込んでないんですよね(笑)なので他のやつあんまり知らないっていう。。w

自分がHIPHOP聞くのってプロデューサー中心に聴いてるのであまりMCに目がいかないというか、やっぱ直接耳に入るのはビートなので。。(笑)

ただMic Geronimoのこういう静かなフロウはこのローファイなビートに合いますよねー。

 

この時期のBuckwildは機材的にはMPC60にAKAIのS900を使ってるんですけど、機材特有のローファイ感がはまってますよね。(機材関連の記事はここ)

この時期はってずっと言ってるのは最近のBuckwild(2000年入ってくらい?)はこのローファイ感がなくなってると言いますか、、シンセが多くなったりあれどうしたBuckwildって感じの音が多いので、このブログで紹介してる、ザ・90s!って感じの音が自分はハマるっすねー。

Buckwild自身の趣向が変わったのかどうなのかはわかりませんが、こういうビートを再び作って欲しいですね。。w

自分もこういうの作れるように頑張りたいです。。w

 

んで、この良い時のBuckwildが使ったネタっていうのがこちら。

www.youtube.com

Gene Harris / Rebato Summer

多分じゃなくてもがっつりピッチ落として使ってるすね。

ピッチ落としたら音が低くなるだけじゃなくて、ターンテーブルで速度落としたのをイメージしてもらえれば良いんですけど、音のリリースが長くなるんで、そこで音がめっちゃ黒くなるんですよね。ビートメイカーならわかるはず。w

mmm~ah~っていう声ネタはこれっすね。

www.youtube.com

Big Daddy Kane / Somethin' Funky

2:40くらい

俺はこんな使い方考えたこともないんで脱帽っすわぁ。。

むしろ声ネタ自分ほとんど使わないんですよね。

今度使ってみようかなぁ。。

ハイハットに鈴が入ってるのもこの時期のHIPHOPの一つの特徴ですね。

DITCメンツは結構使ってるイメージです。

 

んでこんなローファイ感漂う90sなビートを私今回Remixしました(流れるような宣伝)

 

soundcloud.com

 ローファイな感じを残しつつJazzyな感じにRemixしました。

これはこれでアリなんじゃないですかね(笑)

自分でも結構気に入ってます。w

よかったらまったり聴いてくださいね〜。

B-Boyな方々はよかったらネタ探してみてくださいね〜(笑)

 

という感じで今週はこんな感じで。

大阪楽しんできます!

では!

Dilated Peoples / Work The Angles と Bullet Train

こんばんは〜

今週は久々にダンスバトルの方に行っておりまして。

自分は四国中心に色々お邪魔してるんですけど、今回は岡山の方に出て行きました。

なんでかといえば、そのダンスバトルが「90年代HIPHOP縛り」のバトルなんですよね。

いやー自分のためにあるかのようなバトル(笑)

結果的には自分はベスト16止まりだったわけですけど、それでもめっちゃ面白かったですね。

予選一発目からBiggieにMobbDeepに...最高すぎました。

 

そんな自分は予選の時にはあまり知ってる曲が流れず(イベント全体として90年初頭のドラムブレイクだけ使った感じの曲が多かったです)、とりあえずバイブス全開で挑みまして。結果予選であと一人抜けるところで、延長になりまして。僕含め3人が選出。

その3人でバトルすることになったわけなんですけど、その時にかかった曲をご紹介。

 

www.youtube.com

Work the Angles

Work the Angles

  • Dilated Peoples
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥150

普段四国のバトルだと絶対に流れない曲なんですけど、かかった時めっちゃテンション上がったっすね。開幕から飛び出ましたもん。

 

さて、そんなバイブス全開の僕のバトル話は置いておきまして。曲の方に入りましょうか。

f:id:hiphop_hal:20170312212633j:plain

Dilated Peoplesは90年の後半に出て来始めた、LAのクルーですね。

写真の左から、EvidenceとRakaaとDJ Babuの3人です。

 

自分がDilated Peoplesを知ったのは、色々レコードを大量に頂きまして、その中から色々聞いてたら、その中の1枚にこんなジャケットのレコードがあったんですね。

f:id:hiphop_hal:20170312214328j:plain

んで裏がこれ。

f:id:hiphop_hal:20170312214332j:plain

いやーインパクト強すぎるでしょ(笑)

んで針落として流れたのがこれ。

www.youtube.com

Dilated Peoples / Bullet Train

iTunesにはなかった。

ジャケット通りタイトルBullet Train(新幹線)な訳ですが、曲自体はめっちゃキナ臭い。

新幹線の発着音とかサンプルしてんのかなーとか思いながら聴いてましたけどそんなことなさそうっすね。オーケストラ系統の曲チョップして使ってる感じですね。

Dilated PeoplesはDJのBabuを中心に確か全員がトラック作れるんすけど、Bullet TrainはクレジットではBabuとRakaaですね。

ちなみにWork The AnglesはDilated Peoplesのメンバーじゃなくてこれまた別の人(KutMasta Kurt) 自分はないです。。w

 

ついでに宣伝を挟むとBullet Trainのレコードには通常とインスト、あとアカペラが入ってるんですけど、ある日の夜暇やったんでもともと作ってあった自分のトラックとブレンドしてサンクラに上げたんですよー。

soundcloud.com

BPMの合わせるのめんどくさかったっていうのとこのトラックiPhoneで作ったのでワンループで代わり映えもしないっていうので1バース目だけです(笑)

思ったよりマッチしててよかった()

 

んで宣伝はさておき、Work The AnglesはのちにRework The Anglesっていうタイトルで、Defari、Xzibit、んでD.I.T.C.のA.G.を客演に迎えてリリースされています。

www.youtube.com

Rework the Angles

Rework the Angles

 

最近だとEvidenceがプリモとやってたり、BabuがRhythm Roulletに出てたりしてますね。

www.youtube.com

確かBabuってSP1200ベースで作ってたはずなんですけど、これも自体の流れですかねー。。w

 

Dilated Peoples、ぜひチェックです。

ではでは。

Luv(sic) Part6 (Original + Uyama Hiroto Remix) / Nujabes feat. Shing02

Nujabes Shing02 Uyama Hiroto Impeach

みなさまこんばんは〜。いかがお過ごしでしょうか。

自分は春休みに入って時間ができたのでほぼ毎日ビート作ってます。

ありがたいことにビートの制作依頼とかちょこちょこいただきまして。

自分に声かけていただけるのはありがたいですね。

ぼちぼち情報も流していきますので是非是非。

 

さて、今日の記事ですが、先週に引き続いて、というわけではないんですけど、

Nujabeの楽曲、以前もご紹介したLuv(sic)のシリーズの最終章です。

今更にはなるんですけど、やっとこの前買えたんですよこれ。

 

Amazon CAPTCHA

Luv(sic) Hexalogyっていう、Luv(sic)シリーズ+Perfect Circleが入った、Luv(sic)シリーズのまとめ的なアルバムで、インストとRemixも入った2CD構成のアルバムです。

Luv(sic)シリーズ自体は、もともとNujabesのアルバムにちょいちょい入ってて、、という感じなんですけど、それをまとめて聴けるいい機会だなぁと思いまして。

あとLuv(sic)のPart3だったかな?がNujabesのアルバムの方に入ってるのが本人の希望で2バース目あたりまでしか入ってないんですけど、このHexalogyでは全部のバースが入ったバージョンになってるそうで。

Nujabesをよくわからないけど、Luv(sic)は好き!って人にはオススメです。

自分もそうです()

NujabesはModal Soulあたりもすごく良いので是非手に入れたいですね。。w

Modal Soul

Modal Soul

  • Nujabes
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥1800

 

さて、そんなLuv(sic)のHexalogyはいつ聴いても良いんですけど、その中でも、自分がPVからやべえ!と思ってた、Luv(sic)の最終章をご紹介です。


Luv(sic) Grand Finale / Nujabes feat.Shing02

これがNujabesのオリジナルバージョン、とはいえNujabesはもうこの時期には亡くなられてまして。。

Nujabesが残した作りかけのトラックを、Grand FinaleのRemixを手がけたUyama HirotoShing02で完成させたそうです。。

ちなみに最終章は"再会"がテーマです。

Luv(sic)シリーズは(多分)本人が和訳をupしてくれてるので是非。

 

PVを見てやべえ!っていう風に書いたんですけど、実際Luv(sic)シリーズってPVが一つも出てなくて、PVが出てるのはUyama HirotoのRemixのみになります。

www.youtube.com

Luv (sic) Part6 (Uyama Hiroto Remix) feat. Shing02

自分はこのバージョンの方が好きなんですよね。

サウンド的なあれもあるんですけど、Luv(sic)シリーズの最後に相応しいというか。

Nujabes本人のバージョンも幻想的で良いんですけど、自分の好みはこっちですね。w

実はこの曲自分がこの前ダンスバトルのDJをさせていただいた時に決勝でかけた曲になります()

Peaceに終われたらなぁと思ってかけました()

ビートメイカー視点でいうと、スタジオでセッションしてるこの感じがすごい好きなんですよね。

生演奏もありつつAbletonのLive(曲作るソフトです)が写ってたりするのも良いですし。(もしかしたらProToolsかも)

そしてこのドラムのネタって実はこのブログの最初の記事でも登場したImepach The Presidentなんですよ。

www.youtube.com

多分これ聴いただけだとわかりづらいと思うんですけど、ビートメイカーの人ならわかるはず。。

自分これに気づいた時めっちゃ上がりましたね。超好きなドラムブレイクなんで。w

 

自分はLuv(sic)シリーズでもPart4、Part2、Part6のこのRemixが特に好きですね。

みなさんはどれが好きですかー?

 

是非是非聴いて見てくださいませ〜

ではでは。

CHICO CARLITO / 一陽来復 ft.CHOUJI,唾奇 (Prod:Sweet William)

CHICO CARLITO 唾奇 Nujabes

だっっいぶ遅くなりましたが更新です

先週末は愛媛は松山、昼間っから超あっついデイイベント、熱源がやってまして。

なんとゲストに以前も少し記事に書いた唾奇さんとチコさんが来てました。

 チコさんはやっぱ元々チェックしてたのもあったのでやっぱええ感じっすわぁって思いながらLive聴いてたんですけど、唾奇さんもやばかったっすね〜。沖縄感じてきたっす。

てな感じで今日はLiveでも最後に持ってきたこの曲っすね。

www.youtube.com

CHICO CARLITO / 一陽来復 ft.CHOUJI,唾奇 (Prod:Sweet William)

自分この曲を初めて聴いたとき、「お!Nujabesじゃーん」って思って聴いてました。

ネタ同じなんですよね。

www.youtube.com

Nujabes feat Shing02 - Perfect Circle

ライブでも、唾奇さんがLuvsicのビートで曲やってて、

お、良いね〜って思いながら聴いてたんですけど、やっぱNujabes好きなんですかね〜

ちなみに元ネタはこれですよ〜。Bill Evnsネタです。自分もBill Evansはちょこちょこ使ってます。

www.youtube.com

Bill Evans Quintet - Martina

すげええ〜部分持ってきますよね〜。

Nujabesはそのまま使ってましたが、Sweet Williamさんはちゃんとチョップしてるすね〜。

良い隙間でよいGrooveが生まれてますね。

 

沖縄はビートが良い上に気持ちいいラップ載せるんで好きなんですよね。

今後ともチェックしていきたいっすね〜。

 

ちょっと少なめですが今日はこの辺で〜。

 

 

First Division / This Iz Tha Time (Prod : DJ Premier)

First Divition DJ_Premier

こんばんは〜

今週は用事が立て込んでてまた書けなかったので、本日の更新です。

更新日(2/20)はDr.Dreのお誕生日らしいですね。プレミアのFacebookで知りました。

HBDでっすー。

なのでDr.Dre関連を...とも思いましたが、今週自分の中でやっベー!って思う曲が2曲ほどありまして、そのうちのおひとつをご紹介。

 

とはいえおなじみプレミアことDJ Premierプロデュースの曲なわけなんですが、こちらです。

www.youtube.com

This Iz tha Time (LP Version)

This Iz tha Time (LP Version)

  • First Division
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥250

 プレミアはここ最近は他アーティストに曲を提供することが基本なんですけど、その中でもやっぱこの曲が飛び抜けてヤバいっすね。

最近はプリモ先生なんかあった?ってくらい正直あんまり、、、なトラックが多かったんですけど、この曲はむしろ全盛期のプレミア超えるレベルでプリモ節が炸裂してますね。

RapしてるFirst DivitionはUSでもUKでもなく、カナダのMCですね。

自分もあんまり知らないですが、Youtubeでちょこっと聴いた感じ良い感じですね。

このThis Iz Tha Timeが収録されてる2LPもBoomBap中心で、有名どころではプリモの他にMarco Poloがプロデュースしてたりしてますね。

FIRST DIVISION / ファースト・ディビジョン / OVERWORKED & UNDERPAID (COLOR VINYL)"2LP" | diskunion.net HIPHOP / 日本語RAP ONLINE SHOP

発売は去年ですが、多分プレス枚数もLPだと少ないんだろうなぁ。。みたいな感じには思いますね。

自分は田舎住まいなので、多分どこにも置いてないとは思いますが、見つけたら買いたいと思います。。w

 

んでこのThis Iz Tha Time自体は、プレミアがSoundCloudに去年あげてて、自分はそれで知ったんですけど、なんでこのタイミングで紹介したかっていうと、今週なんとな〜く「これ元ネタなんなんやろなぁ」みたいな感じに思ったんですね。

時代は便利でネットで何をサンプルしたか〜とか一発で出てくるので、普段HIPHOP以外聴かない(基本HIPHOPとアニソンとかDTMer界隈の曲が中心です)ので、サンプルされるような曲をあまり聞かない民としては新しい曲とか知れてありがたいです。

 

さて、そんなプリモ氏の使い方ですが、まずサビに使われてるのがこちら。

www.youtube.com

Ahmad Jamal / Theme Bahamas

Ahmad Jamalってめっちゃ名前は聞き覚えあるんですよね。。何で聞いたんやったけ。。。w

ちなみにThis Iz Tha Timeでも使われてますし、NasのI Gave You Power (It was Written..に収録されてます。プリモプロデュース)にも使われてます。

なんだろうなぁ。こういうサンプルの仕方ってサンプリングの基本(一部を使う)でもあり、自分のメインのやり方といえばそうなんですよね〜。

自分はレコードをネタに使うことがほとんどなくて、コンピのCDとかから取るのが多いんですよね。あとアニメのサントラ借りてきてそっからサンプルしたりとか。

そんな中でもやっぱプリモのサンプルの仕方にはすげえ影響受けてるっすね〜。

この人なかったらビートメイクできてないっすね〜。

っていうのを改めて思い出させてくれたサンプルの仕方でした()

 

そしてメインループからはこれ。

www.youtube.com

Sweet Blindness / Ain't No Use

これも”ほんの一瞬”からとってきてるんすよね。完全にアホ。

こんなシンプルなことを2016、現代っすよね。この時期にやっちゃうっていう。

 

どの時代にもシンプルにBoomBapはいいっすね〜。気持ちいいワンループで完結。うん素晴らすい。

 

自分はそろそろ春休みに入るのもあったり、ビート制作も捗ると思います。

そろそろ自分で作品upするだけじゃなくて、Rap乗ったのも上がり始めるのでぜひぜひCheckしてみてください〜。

soundcloud.com

またこのブログでも告知しますッ

ではでは。

原点回帰〜

 

 

 

Common / The Light (Prod: J Dilla) / The Light'08 (Prod:Just Blaze)

Common J Dilla Just Blaze

こんばんは〜

今週も更新していきますよー。

今週は自分は全然覚えてなかったんですけど、とあるツイートで気付いたんです。

2月7日は故J Dillaの誕生日なんですね。そしてその3日後は命日で。

Rest In Peaceです。

f:id:hiphop_hal:20161107103001j:plain

そんなJ Dillaなんですけど、自分はDillaの曲自体はめっちゃ聴き込んでるかっていうとそうでもなくて、聴きだしたの結構最近なんですよね。

このブログ自体はHIPHOPってなんやねん!って人のためのブログなので、知らない人もぼちぼち好きになってくれたらなぁと思います〜。

がっつりDigしてる人はお気楽なライター雑誌でほざいてんなーくらいの感覚で見てもらえれば(笑)

 

そんな自分がJ Dillaの作品の中では、以前紹介したLifeだったり、PharcydeのRunnin'だったりが好きで、あ〜Dillaって感じや〜って感じなんですけど、そんな中でもDilla困難も作れるんや!ってビビったのがE=MC2

www.youtube.com

E=MC2 (feat. Common)

E=MC2 (feat. Common)

  • J Dilla
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥150

 Commonは以前 I Used To Love H.E.R.とかで紹介したラッパーですね。

んでこのビートなんですけど、実際Dillaが作ったのは最初の部分だけで、後半のめっちゃ重たいビートの部分はDillaじゃないらしいです。WorkaholicのTanisuke氏から教えてもらったんですけど、後半の部分はKarriem Rigginsっていうプロデューサーが作ったらしいです。デトロイドのプロデューサーなので、Dillaとも絡みがあったんですかねー?自分は初めて聴いたので今後機会があればDigするとして。。w

Dilla自体シンセ使う印象ないですし、サウンドが綺麗すぎるといえば確かにDillaじゃないっていうのも頷けますね。w

でも結構前にCommonのインタビューでDillaとの曲で自分のベストを決めるなら。。っていうのにE=MC2は上がってたんですよね。実際どうなんでしょうねー?

一応クレジットはJ Dillaになってます。

 

Common x J Dillaの曲なら自分はこれも好きですね。

Common本人もDillaとの曲のベストに最終的にはこれを選んでましたね。

 

www.youtube.com 

The Light

The Light

  • コモン
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥250

 DillaらしいトラックにCommonのRapが映えますね〜。

サビで歌われてるコーラスもいい感じです。

元ネタはこれですね。

www.youtube.com

Open Your Eyes

Open Your Eyes

コーラスもメインループもこっからですね。

バッチリハマってます。

Dillaの凄さというか、ネタを聞いて改めてやべええってなりますね。

 

このThe Lightは、2008年に別バージョンが出てて、それはJust Blazeが作ってます。

Just BlazeはJay-Zとかのトラックを作ってる人なんですけど、詳しい話はまた後日に。

自分はJust Blazeは以前から知ってて、Jay-Zのアルバムで聴いた感じ、う〜んって感じなんですけど、この曲はいいですね。

www.youtube.com

Common / The Light '08

Just Blazeはサンプリングもやるんですけど、HIPHOPにしては珍しく、普通に打ち込みやるんですよね。Logicをメインで作ってるというHIPHOPといえばMPC!みたいな感じじゃないのがおお!って感じっすね。(MPCは一応使うときもある)

冒頭にShout to my man J Dilla!って言ってるのがしんみりきますよね。

Dillaは06年に亡くなってはって、この曲ができたのが08年。

ほんま生き急ぎすぎたっすよね〜。RIP...

ちなみにこの曲は多分Vinylだけなのかな?KRS-OneQ-Tipの他の曲の08も収録されてるやつなんですけど、刷られてる枚数が300枚だけみたいなことを聴いたり聴かなかったり。

 

自分はプリモ中心に集めてきたのでDillaもぼちぼーち聴き込んでいかなあかんっすね。

皆様もいい機会ですし、J Dilla、一緒に聴きましょ〜。

ほなほな。

Rhymester / "耳を貸すベキ" と "マイクの刺客 (Original + Remix (by HaL))"

Rhymester Buckwild HaL

(久々にちゃんとした時間に更新する気がするゾ)

お疲れ様です!今日は日本語Rapといえばこの人を知ってる人も多いのではなかろうか、Rhymesterですぅ

f:id:hiphop_hal:20170204203351j:plain

Rhymesterは、 サンプラザ中野 宇田丸、Mummy-DDJ JINの3人からなるグループですね。HIPHOPを普段聞かない人でも少し聞いたことはあるのではないでしょうか?

そういえばこのブログでRhymesterのこと書くのって初めてなんですね。まあゆる〜く紹介していけたらなぁと思います。

Rhymesterに関しても結構自分は影響を受けてるんです。

というのも自分がRhymesterに受けた影響って”曲”っていうよりもこれなんすよ。

第三会議室PRESENTS名盤各務塾VOL.2/THE NOTORIOUS B.I.G.「READY TO DIE」「LIFE AFTER DEATH」の巻(PART 1)|MUSIC/VIDEO[メディア]|Amebreak[アメブレイク]

自分はニコニコに転載されてたやつで初めて知ったんですけど、ある意味これが自分の原点っすね。

第3会議室、これみてた時は喋ってるのが誰かとか、全然知らんかったんですけど、自分のHIPHOPMusicの基礎はこれで固めてもらった感じありますね。というかプレミアとの出会いなんですけど。

自分は最初ダンスから入って、そっからBiggieの存在を教えてもらって、その時に出会ったのが上のリンクの映像。そっからGangstarrの回をみて、BiggieのUnbelievableが紹介されてて、名前知ってるのがそれだけやったんでそれを聴いたら一発でやられた、って感じでしたw

 

そんなこんなである意味自分は第3会議室なかったらHIPHOPにここまでのめり込めてないなぁと今更ながら思います。

そんな第三会議室で喋ってるグラサンかけてる人がサンプラザ中野Rhymester宇田丸さんなんですけど、その宇田丸さんとMummy-Dさん、あとDJJINさん3人のRhymesterで書かれた3rdシングルがこちら。

www.youtube.com

耳ヲ貸スベキ

耳ヲ貸スベキ

  • RHYMESTER
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥250

 自分は正直この曲後発で聞いたんですけど、RhymesterといえばB-Boyイズムってところがあるとは思うんですけど、

www.youtube.com

B-BOYイズム

B-BOYイズム

  • RHYMESTER
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥250

 自分なんだかんだで曲持ってなかったので、CDレンタルすっか〜っつって近所のゲオ行ってRhymesterあるかなぁって思って行ったらベスト盤が置いてて、それをレンタルした時に入ってた()っていうのが最初っすね。あまりHIPHOPな出会い方ではないです(笑)

色々曲は入ってたんですけど、その中でも飛び抜けてよかったっすね。

やっぱ自分はこういうブーンバップが好きっすねぇ〜。

んでもちろんビートも良いんすけど、今では有名のRhymesterが「耳を貸すベキ!」つってRapしてるんすよ。いやぁ黎明期を感じるというか。

 

そんな耳を貸すベキと近い時期に生まれたシングルがこちら。

www.youtube.com 

マイクの刺客

マイクの刺客

  • RHYMESTER
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥250

 これiTunesにあったんだ。。w

このシングルは以前紹介した、Zeebra / Untoucheableの裏面に入ってる曲なんですよね。12inchで出てました。

Untoucheableがプリモプロデュースだったのに対して、この曲はBuckwildプロデュースですね。Buckwildはなかなかサウンドの良し悪しが激しいですが、この曲はいいっすね。D.I.T.C.感がすごい出てます。やっぱこういうHIPHOP最高っすわぁあ

んでこの曲はRhymesterの4thシングルに当たるみたいですね。

自分これレコードしかないと思ってたんですけど、データであるみたいなので皆様もぜひ。

 

んで自分はこのレコードを、時代は便利になりました。メルカリで手に入れたわけなんですけど、そのレコードにインストだけでなくアカペラも入ってたんですよね。

アカペラが入ってるんすよ。

やるしかねぇ。

soundcloud.com

Remixしました!!!

自分では結構いい出来です(笑)

オリジナルは結構暗めな雰囲気ですが、Remixですし、あんまり暗いのはRhymesterには合わないよなぁとは思ってたのでちょうどよかったです。

ぜひ聞いてくださいませ。

ちなみに冒頭は元ネタですw

 

ではでは、今週はこの辺で〜